とある大学生が日常で起こった些細なことから大事まで、どうでもいい考えから真剣な悩みまで、いろいろぶっちゃけてます!!

☆impossible is nothing☆

実験 | main | ハードスケジュール②
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
レオ

 今日新しい一回生がサークルに入ってくれた!!やっぱテンションはだいぶあがる期間が短い分頑張ってたくさんのことを伝えられるようにしよう

 さて今日は「レオクラブ」についてちょっと語ってみよう。
 まあ、たいていの人は「何やねんそれは」って思うだろう。てか僕も全てを語れるかと言われると絶対できない。そんなことができるのはレオクラブに在籍してる人、してた人を通じて誰もいないだろう。僕がレオクラブに感じている魅力というのはそこである。
 事務的な説明をすると「ライオンズクラブの奉仕活動の一環である青少年育成事業として存在して、若い人に指導(Leadership)、経験(Experience)、機会(Opportunity)を指導する場」というような説明になるのだろう。けど、こんなことを聞いて入りたいと思う人はまずいない。もっと簡単に言うとお金などを援助してもらって、それを使ったりしてやりたいことができる(ただしベースは地域奉仕活動)といったものだ。
 所属している人も様々なきっかけで入ってきている。「友達に紹介された」、「ビラを見た」、「友達ができそう」、「活動を実際に見て」などなど・・・。僕も最初は地元にいたときにホームステイの斡旋をライオンズクラブでしてもらい、そのホームステイ友達にレオクラブに所属している人がいて、飲み友達になり、ズルズル入ってしまったという感じである。
 

 僕はレオクラブに入って本当にいろんな経験をさせてもらった。
 とにかくいろんな人がいて、みんながみんな自分と違う世界やネットワークを持っていて、遊びに行くということを取り上げても新鮮さにあふれていた。しかもアクティブな人が多く、12時まわった後に他府県に遊びに行ったりすることも全然稀ではない。こんな人達と深い仲になれることは僕の人生の中でかなりのプラスになっている。
 あと、レオクラブに入ってできない活動はまず無い。自分がやりたいと思った活動ができる。ただそれにはしっかりとした「筋」を通す必要があって仕組みは「プチ社会」と言えるものになっている。企画書を書いたり、市役所と企画の交渉を行ったり、予算でみんなとバトったりなどなどの経験はレオに入って初めてやった。
 とにかく、やりたいことに対して思いっきりチャレンジできて、たくさんの仲間ができるっていうのがレオの魅力なんだろう。こんな組織だから、僕が20歳の時に感じたレオと今は違うし、多分25歳の時に感じるレオは違うのだろう。だからレオのことについて完璧に語れる人はいないんじゃないかなあって思う。
 これから何年この団体にかかわっていくかはわからないけど、できるだけいろんなことを吸収して、いろんな経験をして、たくさんの友達を作りたいと思っている

 これを見て興味を持ってくれたら連絡してね
 
スポンサーサイト
| 未分類 | 01:11 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuki0526.blog31.fc2.com/tb.php/6-a908a93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ユッキー

Author:ユッキー
職業:大学生
出身:三重県(名古屋じゃないよ~)
現在京都に住んでる。桂に行くことができました~
ついに研究生活のスタートです!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。