とある大学生が日常で起こった些細なことから大事まで、どうでもいい考えから真剣な悩みまで、いろいろぶっちゃけてます!!

☆impossible is nothing☆

出発 | main | 帰京したが…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
奇跡起こらず・・・

 今日は雪山出発前の最後の検診でした。
 
 まだ心の葛藤が続いている僕としたら、今日レントゲンとって
 「奇跡的に骨がくっついてますよ」
 と言われるのを密かに期待していた。

 まあ現実はそんなにあまくなかったです・・・。

 医者が言うには回復はきわめて良好で、初見の半分の期間で治りそうとのことでした。しかし、初見は運動の許可を出せるまで二ヶ月、ボルト除去まで四ヶ月。

 「半分・・・・?関デモ終わってるじゃん。」

 幸い鎖骨なので、スキーをやったからっていってすぐにダメになるわけではない。ただ最悪のことを考えると骨がずれたり、ボルトが折れたり、ボルトが勝手に抜けてしまったりというのがあるらしいです。その先生が言うには鎖骨完全骨折後二週間でスキーした例は過去聞いたことないらしいです。

 結局、最初と同じように「自分の責任においてリスクを承知でやるなら」ということでした。

 
 さて、どうしよう・・・・。
 主将が大会出ずにスキーをしているところを見せれない・・・俺の中ではないなあ。
 途中で怪我を悪化させてしまって途中で抜ける・・・もっとないなあ。
 出ないほうがいいのかな・・。しかし、「優勝するぞ!」と言って盛り上げてきて、何かを犠牲にしてかけてるやつもたくさんいる中で、最後の最後で俺だけドロップアウトするのはあまりに無責任じゃないか・・・。例えポイント的に戦力にならなくても。
 
 とりあえず居候で滑ってみて考えようかな。
スポンサーサイト
| 未分類 | 19:41 | トラックバック:0コメント:2
コメント
葛藤だね・・・
医者も自己責任ということか・・・
主将!!今凄い悩んで悩んで苦しそう(><)
部において一番良い方法を考えなきゃね(><)
何もアドバイスできず申し訳ない・・・
2006.02.21 Tue 00:32 | URL | eiji nakagawa
それは、非常に難しいところだな。
どうしても滑りたいなら、1度試してみては…
怪我しながらも滑れるという特別な喜びが感じられるかも。でも無理だけはしないようにな。

2006.02.21 Tue 00:52 | URL | mrm
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://yuki0526.blog31.fc2.com/tb.php/59-3de0eccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ユッキー

Author:ユッキー
職業:大学生
出身:三重県(名古屋じゃないよ~)
現在京都に住んでる。桂に行くことができました~
ついに研究生活のスタートです!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。